「新築なのに結露が起きる」と嘆く前に知っておきたい結露のこと。論理的な説明で受注に結び付くかもしれない結露の話。

家と暮らし,建築屋的な話結露、現場監督

困った女性
悩める人

新築した家は結露しないと思ったのに…
結露が起きるわ。
欠陥住宅かしら?

説明する男性
住まいづくりのプロ

結露のしない家は無いですよ。
新築住宅でも起こります。それが結露です。

困った女性

あら…そうなの?知らなかったわ。

説明する男性

結露は条件が揃えば起きる現象です。
身近なところでもよく見ます。
発生条件など、意外と知らない結露の話をします。

新築の窓は結露しないと思っていたのに
結露に悩まされているというオーナーも多い。

断言します。
結露のしない家はない。
それが新築でも。

なぜなら、条件が揃えば結露が起きる。

この記事を読むことで結露の発生条件を知ることが出来ます。
条件を知ることで結露を防ぐ手段も得る事が出来る。

建築関係者が結露の悩みを相談されたなら、
論理的に説得力がある説明が出来ると、
断熱改修工事や新築の受注につながるかもしれない結露の悩み。

窓が結露する事で窓まわりにカビが生えます。
カビが生えることで健康被害が起こる可能性もある。
カビが生えなくても結露の水分自体が建材を痛める原因に。

そんな結露の話。

結露とは?起きる条件とは?

結露の窓ふき

空気中には水分が含まれている。
気温が高いほど多くの水分を含むことが出来る。

その空気が冷たい壁などにふれ、冷やされると
含み切れない水分が凝結して水滴として出てきます。
 

これが結露。

窓で結露が起きるのは

家の中には、外部の寒さ(冷たさ)をサッシの枠を通して室内へ伝わる。
(空気を冷やす壁など=サッシ枠)
冷えたサッシ枠が室内側の空気を冷やし結露を発生させる。

外気の熱(冷たさ)を伝えやすいアルミサッシは結露しやすい。
樹脂サッシでも結露は起きる可能性はある。

つまり
古い家だろうが、新築だろうが
条件が揃えば結露は起きるということ。

結露を防ぐ方法は

外気の熱の影響を出来る限り少なくすること。
アルミサッシよりは樹脂サッシ。
樹脂より木製サッシの方が外気の影響が出にくく結露は起きにくい。

換気を良くして室内の湿度を調節する。

この2点。
冬は湿度が低くなりがちなのでサッシの断熱性能が肝。

結露発生と改善策を論理的に説明出来るなら
受注に結び付く…かもしれない。

良いよの女性

建築関係者なら空気線図を用いて
室内温湿度と壁面温度で論理的に結露の説明が出来る…ハズ。

空気線図は著作権とかあるかもしれないので😅
省略します。

現状の温湿度の露点温度の説明をして
(結露が起きる温度)
放射温度計やサーモカメラでサッシ枠の温度測定。

仮に室温25℃湿度50%の状態なら14℃以下で露点温度になる。
サッシ枠が14℃以下になると結露が発生するということ。
これは感情論無しの事実の話。


室内の過ごし方で結露の発生を改善出来なければ…

プロとして改善策を提案できる。
断熱改修工事や新築受注に結び付く。
事実も根拠も出して提案出来れば信頼度も高い。

まとめ

コップに氷を入れ水をそそぐと、コップのまわりに水滴が付く。

コップの結露

コレが結露。
どんな家でも起こるでしょ。

飲食店の氷が入った水入れで結露が起きないものは
性能の良いサッシと思えば分かりやすい。
冷たさが伝わらない状態。

熱が伝わりやすいサッシは室内側が冷えて結露が起きやすい。

繰り返しになるが
結露は条件が揃えば起きる。
その条件は 
空気中に含み切れなくなるまで冷やされること。

…でも、これ
建築関係者でも顧客に伝わる説明出来ない子が居る。
理解してるけど、対顧客に伝わる説明が出来ない💦
建築士の免許持っていても
伝えることが出来なければ意味ないよ♪
現場監督なら信頼も得れない。
監督業務は多岐にわたるんだから。

補足として
新築住宅は建物自体が水分含んでいる。
漆喰仕上げやコンクリ系は特に。
ベタ基礎も1年~数年は水分が出る。
建築後2シーズンくらいは結露は出やすいと説明もする。

おしまい





現場管理の必需品iPhone/iPad用サーモカメラ・放射温度計…顧客への説明の根拠に大活躍♪