監督との初回打ち合わせ。舞台は机上から現場へ。現場監督は何を話す?何を施主に伝える?

2021-11-27建築屋的な話,現場監督と人

家づくりの打ち合わせは楽しい。
そんなワクワクしてる打ち合わせ中の方や
これから計画を考える方へ。

現場監督の仕事のワンシーンを。

家づくりの打ち合わせは営業と始まる。
プランを図面上でイメージしていきます。

回数を重ねた打ち合わせの最後が監督と顔合わせです。
舞台は机上から現場になり
相談の窓口は現場監督になる。
というスタイルが多いでしょう。
3者打ち合わせや4者打ち合わせ等と言われます。

会社やハウスメーカーによって多少の違いはあるかもですが
現場監督の仕事は基本同じ。

私は業界20数年目の現場監督です。
自分で設計施工管理した家で家族4人で住んでいます。
つまり
家づくりのプロとして
建て主としてもアドバイスします。
監督はその経験が武器になっている人間も多い。

机上の打ち合わせの最終日
監督が同席します。
どうでしょう?不安?楽しみ?
現場監督はどんな人だろうとか?

そんなの

自己紹介と想い

模型と図面

現場監督の施主との初回打ち合わせは

自己紹介と想い
工程の流れ
図面の確認
進捗報告の手段の確認

こんな感じ私は。

対面で話をするのは、その日が初めてになります。
監督は施主のことは活字情報で以前から知っている。

家を建てる経緯等は共有している。
図面も数か月前から目を通し
変更していく様もチェックし
プレカット打ち合わせや工程表作成もしてるからね。
脳内でこんな家族だろうとイメージしながら。

つまり
現場監督にとって施主との初顔合わせは
待ち焦がれた恋人に会うようなもんだ。

言い過ぎでしょうか?
気持ち悪いでしょうか?
まぁ、現場監督は妄想好きのロマンチストが多い。(偏見です)
私はそうです。

最初の挨拶には『やっと会えましたね』の気持ちが入ります。
監督はワクワクしてこの日を迎えてる。
ということっ。

工程の流れを画像と工程表を使い

打ち合わせ風景

約4か月間の家づくりの流れを画像と工程表を用いてプレゼン。
工程表は現場監督と施主との約束。
工程表は監督の力量が出る。
遅延なく完成までいくかは監督の腕しだい。
(自然災害や資材自体が手に入らない等の不慮の事態は別)

基礎工事は何時頃完了して

建て方は何時で

上棟式・現場打合わせ~木工事完了は、引き渡しは?と

工事別に気になっている部分や不安な箇所も確認しながら
予定の目安もお話します。

親戚参加のイベントもあるだろうし
引っ越し可能な時期とかは重要です。
手続きとか準備もありますからね。

図面の詳細確認とか宿題やら

建築図面

工事の流れの説明がおわると
図面の詳細確認をします。

既に設計・営業で確認済みですが…
監督の立場からの再確認します。

重複するが何度確認してもやりすぎということはない
家づくりとはそうゆうもの。
住宅ローンを抱え
家族と笑顔で過ごすための家です。


立場の違う人間が違う切り口で見る事で
新たな発見や気付くこともある。
棚関連、コンセントや電気関連等。
全ての想い・イメージが図面上に明記出来るとは限らない。
それを引き出す。


図面チェックの最後の砦が監督ですから。

工事が始まると実際に『形』になっていく。
そして現場は多種多様な職種の職人が関わりすすむ。
円滑に工事をすすめることが監督の役目です。

この段階でも保留になっている部位や
あやふやな部位があるかもしれません。
人は楽しみなモノに目がいきがちです。
順番と期限を決めて宿題を出します。
直前で焦らないようアドバイスを添えて♪

進捗報告の手段と現場へのお誘いの予告

打ち合わせ

今後の監督との連絡手段の確認です。

基本は週の後半(金土)あたりを目掛けます。
現場の進捗具合と来週の予定を。
手段は記録が残るメールが多い。


週末に設定することが多いのは理由があります。
ほとんどの施主が週末がお休みの為。
(シフト制や休日が決まっている方は都合の確認をします。)


イベント毎にも一報入れます。
鉄筋検査合格しました
生コン無事打設しました。
資材搬入予定など、
結果的に週に2度くらいの報告になります。

現場の状況がわからないという心配をさせない頻度で。
大半の方は初めての家づくりですから。


木工事では頻繁に現場に誘います。
出来る限り家族皆を。
長いようで短いたったの4か月間です。
工事が終わると、あっとゆう間の4か月間。
夢や憧れが形になっていくその過程すら
楽しんでもらいたいということです。

見たいでしょ?
自分の家 。

まとめ

晴れた空

初回打ち合わせは

自己紹介と想い
工程の流れ
図面の確認
進捗報告の手段の確認

こんな感じです。

施主もそうだと思いますが
監督もワクワクする日でもあります。
施主に伝えたいことはたくさんありますから。

参考になればうれしいです。

あとがき・・・とボヤキ

ネット上で現場監督何してるかわからない
監督居る意味あるの?
監督信用出来ない等々

切ない書き込みを見かけたので業務の一コマを書きました。

私見です・・・が、
信頼置ける現場監督と組み一緒に家づくりが出来る施主は
その段階で家づくりは、ほぼ成功です。
家づくりは現場監督で決まる。

たしかにネットでは
業界の人間が見ると明らかな施工ミスや
違うだろって、突っ込みたくなる施工写真もある。
それ現実(泣。

おわり

現場管理の必需品iPhone/iPad用サーモカメラ・放射温度計…顧客への説明の根拠に大活躍♪