漆喰仕上げの家に住んで6年のオーナーが!!漆喰を勧める5つの理由と4つの不安要素

2021-10-14

塗り壁仕上げの家が増えているようです。

珪藻土や漆喰、特殊塗料の塗り壁等々。

ホームセンターではD.I.Y用に商品も良く見かけます。

需要が増えてきている証でしょう。

やってみると意外と未経験でもできるものです。

上手い下手は置いといて😆

知人が新築施工中ですが、相当悩んだようです。

室内仕上げの種類に。

そんな方も居るでしょう。

判断基準になるように、

漆喰の家に住み6年経ったオーナー目線で、

漆喰を勧める5つの理由と、知っておくべき4つの不安要素の話を

漆喰とは?

消石灰を主とした塗り壁材料です。

歴史も古いです…が、今回はバッサリカット🤪

繋ぎに海藻等も使われているものもあります。

一切繋ぎの無い漆喰もあります。

基本的には白色です。

混ぜ物を入れる事で色の種類も増えます。基本的には淡い色かな。

漆喰を勧める5つの理由

◎劣化しない

◎和・洋どちらにも合う

◎調湿効果がある

◎耐火性がある

◎抗菌性がある

勧める5つの理由を深掘りを。

劣化しない

基本的には「石」です。というと伝わりやすいかな?

施工後だんだんと固くなり、石になる。(イメージ)

剥がれたりはしないです。(大前提できちんとした施工)

和・洋どちらにも合う

漆喰はどちらにも合います。

海外の建物にも多様されていますし、もちろん和にも。

飽きも来ず、落ち着いた空間を作れます。

高級感・重厚感がありコテムラが作る雰囲気が私はお気に入りです。

調湿効果がある

良く漆喰のメリットでいわれる性能。

具体的には壁に霧吹きを吹きかけると、水はしみ込みます。

ビニール等の吸水しない素材(クリアファイル等に吹きかけると分かりやすい)に吹きかけると、しみ込まないので床まで水は垂れます。

しみ込むという事は、乾く際水分の放出もします。

   ↑ これが調湿

呼吸する壁とか表現もされていますね。

見た目の高級感・重量感と、この調湿効果が一番の推しポイントです。

推ししか勝たん的な😊

耐火性がある

基本「石」ですから、耐火性があります。

抗菌性がある

漆喰はアルカリ性で除菌・殺菌能力があり抗菌性があります。

アルカリ性の石とか土という説明も良く見かけます。

産地によって、その素材によって、アルカリの度合いや繋ぎの物も違います。

まぁ、耐火性・抗菌性は漆喰だけの良さでも無くなってきてるケドね。

知っておくべき4つの不安要素(デメリット)

漆喰推しですが、不安要素(デメリットと思われるところ)もあります。

◎ひび割れる

◎汚れが目立つ

◎コストが掛かる

◎職人の腕が仕上がりに影響

不安要素4つを浅堀!?

ひび割れる

漆喰は割れます。

伸び縮みしない為、下地の動きについていけず割れます。

部屋の角部とか窓・ドア近辺。われ防止目的でつなぎ材があっても割れます。

つなぎが入って無い漆喰は割れやすいですが、それも漆喰の特徴です。

汚れが目立つ

白い漆喰は汚れが付くと目立ちます。

ジュースやコーヒーかかったりすると。

しみ込みます💦でもっ安心してください😙

漆喰は補修も簡単です。

削り取ったり、薄く塗ったり出来ることも多いです。

コストが掛かる

比べる施工方法によりますが、クロス仕上げに比べると割高です。

他の塗り壁工法と比べるなら大差ないはず。

職人の腕が仕上がりに影響

これかな?一番の不安要素。

キチンとした正規の施工しないと剥離(剥がれ落ちる)の原因になります。

コテムラの程度やデザイン…今風に言うと、

テクスチャーだな。

これは結構比重が大きいでしょう。

実際の現場で打ち合わせ必要かも。

自邸は、

スパニッシュの雰囲気を残しつつ、自然な感じの塗りっぱなしの~

コテの最後のアクセントを残しながら、全体の比率で…というオリジナル😶

よくわからんなぁ。

こんな感じ

壁~天井が連続でつながっている感じが好き。

壁付け照明や天井からぶら下げる照明の傘、

ガラス製のステンドグラスのような柄なら、光の反射や移り方が幻想的でムーディです😍

まとめ

漆喰を採用するかで悩んでいる人へ

漆喰を勧める理由を網羅しました。

6年くらしてみて一番の推しは、

見た目の高級感・重量感と、この調湿効果です

ビニール系の物と違い消臭効果も抜群です。

住んで居るオーナーですから、カタログ関連の説明より真実味がありありなはず👍

実際、高級感という意味でも抜群ですね。

いずれ『アンティーク』になるはず!?

漆喰には石や自然の木もとても似合います。

不安要素を吹き飛ばすくらいに良さが伝われば◎

塗り壁にブームか?

まだ、そこまでではないか😝

おわり