住んでから後悔しない為の回遊動線。

2021-11-14家と暮らし,建築屋的な話

家づくりの計画。


間取りをいろいろ話し合う。
家族と相談しながら、理想や憧れを図面上で形にしていく
悩みながら楽しみながら取捨選択しながら…

流行りすたりという表現が適正なのかはわからないが
ながいこと住宅業界にいると、確実に流行りすたりはある。


仕様建材・色・間取り


『昔、流行ったよなぁ』なんて良くある話。
住宅業界では数年前から回遊動線の家
というコンセプトで建つ展示場も見かける。

なんとなく良い家の代名詞?
住まう人のことを考えた作り…的な。
ブランド品のような扱いだ。

回遊動線を取り入れて後悔。
失敗、必要なかった。
なんて声も聞く。

回遊動線を取り入れることで起こることを理解しきれなかった。
建築屋がプロとしてアドバイスしてなかった?
なんてことは悲しい話、プロとしては。

ながいこと注文住宅の現場監督をしている。
自宅も自分で設計施工管理をした。
現場監督が本格的に施主と顔を合わせて打ち合わせするのは
着工直前が大半だ。
一般的に三者打ち合わせ・四者打ち合わせといわれる
その際、毎回いう説明がある。
特性と不具合の話。


モノの特性を知ってるのと知らないでは受け取り方が違う。
施主が家のある特性を知らなければ
施主にとってはただの不具合。
クレームだ。という話。
線引きは知っているか知らないかだ。
家は大事な家族と笑顔で健康に過ごす場で、高価な買い物。
その高価な買い物を知らないで買うのは怖い。
売り手の建築屋はキチンと教育しなければならない。
それがプロだ。


誤解を招かないよう補足すると建築屋の施主に対する教育とは、
聞かれたこと
気付けないこと
プロの意見
選択したことに対しての未来の想定

を教えてあげることだ。


回遊動線を取り入れる際に知るべきことを。

回遊動線とは?そのメリット

家の中に行き止まりが無くぐるぐる回れる動線。
各部屋に円滑に移動する事が出来、家事の時間短縮が出来る。

回遊動線のデメリット

回遊するということは各部屋に2つの入り口が必要となる。
つまり部屋内の収納や家具を置けるスペースが減る。
部屋への進入ルート複数ある為、プライバシーの確保に対処が必要。
(複数のドア・扉に鍵付きなど)
回遊を意識過ぎると無駄な通路が出来て建物面積が大きくなる。

住宅内で渋滞が起こる場所には有効

住宅内で渋滞が出来る場所、例えば脱衣室や洗面等は使用時間がある程度かかる場所。それらの部屋が回遊できるのであれば別ルートを使うことが出来る。
このようには住居内の渋滞が起きる部位の緩和の為の採用なら良い例。

回遊動線で後悔した事例

回遊を取り入れたことで本来壁に出来る場所に扉が付くもしくは壁を開口する。そこに家具や収納を設置した方が使い勝手が良かった。

回遊を優先するあまり収納が減った、収納自体が無くなった。

使わない無駄な通路がある。もう少しコンパクトにまとめれた。

かえって動線がながくなった。

入居後の生活を現実的具体的にシュミレーション出来るかが重要

回遊動線を取り入れるなら具体的にシュミレーションしてみることです。
無くても困らない通路ではないか?
その場所は回遊出来ないと渋滞は起きるのか?
建物を大きくしてまでも必要な物なのか?

間取りの考え方と回遊動線についての私見

家づくりは建築地の敷地から考えます。
敷地の方位・道路付けや周辺環境を考慮し玄関・各居室の建物内の位置を決め間取りが決まります。
それから、この部位は回遊に出来そうだが回遊を採用するか?になります。
コレ基本。
回遊からでも、間取りからでもない、敷地から考えます。

2階建て住宅を建てるとして、1階にキッチン・パントリー・洗面・脱衣・家事室等を設けて回遊動線を採用するとなると1階の床面積は大きくになる。
それに伴い敷地もの大きめで無いと採用出来ないです。

コンパクトな間取りに回遊を取り入れる事は無駄に窮屈感が出る。


ここ10数年の顧客層は共働きの4人家族、延床30坪~40坪の2階建てが多い。
この坪数や生活スタイルだとかえって取り入れるデメリットの方が大きい。

まとめ

回遊動線を取り入れる際に知るべきことをまとめました。
生活スタイルや住宅規模によって回遊は家事効率を上げ時間効率も良くなる間取りの考え方です。
ただし
憧れやおすすめだけで採用した場合、非効率となり後悔する場合もある。
そうならない為に知るべきことを網羅しました。

家づくりの参考になれば幸いです。

あとがき

実際の話…大型物件、常設天井や普段から在宅の家は別とすると
回遊動線を取り入れた家事のしやすい家という物件は多くはない。
主寝室・ウォークインクロゼット・脱衣室に回遊を取り入れました。
くらいはザラにあるけど。
アイランドキッチンを採用するなら
キッチンまわりは回遊を設けましただ・・・ちょっと無理あるな。

おしまい

現場管理の必需品iPhone/iPad用サーモカメラ・放射温度計…顧客への説明の根拠に大活躍♪